22.5.02022

特集写真:ランメルモールのルチアのスタンプ| ©Shutterstock

ウェブログ

一部の読者は、私がレイアウトを再度変更したことにすでに気付いているかもしれません。 ほとんどの読者は電子メールまたはRSS経由で私のサイトにアクセスするので、スタートページを少し合理化しました。

私も持っています—そして私はそれが好きだと確信しています デトレフスターン —バックエンドの多くの小さなヘルパーを削除しました。 これにより、すべてが簡単になり、時間もかかりません。 そして、再び好奇心をそそる新しいツールやガジェットが見つからない場合、読者はこのレイアウトに落ち着くしかありません。

もちろん、批判や提案を送ってもらうこともできます。必要に応じて、フォーラムでこれについて話し合うこともできます。

ランメルモールのルチア

昨日、叔母が The Met: Live in HD のチケットをサプライズでくれました。 ガエターノドニゼッティ■ルシアは長い間すべてのオペラの基準のXNUMXつでした。そのため、今回はメトロポリタンオペラがこの作品で作ったものに驚かされました。

ドニゼッティの音楽は何度も何度も聞くことができますが、これらすべての年月を経て、物語とルシアの「狂ったシーン」の両方が、おそらく マリア·カラス パフォーマンスは別として、靴下を脱ぎ捨てるものは何もありません。 しかし、それからはほど遠い! メトロポリタン美術館が今ややや時代遅れのオペラで行ったことは、単に称賛に値します。

ナディーンシエラ ルシアとして優れており、 アルトゥル・ルキンスキー なんとか魅惑的な悪役をステージに連れてくることができました。 の声 ハビエルカマレナ エドガルドは素晴らしかったので、そして非常に短い通知で介入した人 クリスチャンヴァンホーン 専門家が(しなければならない)何ができるかを示した。

しかし、それはすべて間違いなく別のものになるでしょう ランメルモールのルチア そうでない場合 サイモンストーン この古い物語からまったく新しいものを作ったでしょう。つまり、オペラを現在に移すだけでなく、今日のオペラが実際に行われるべきとまったく同じようにそれを行ったのです。

そして、これらすべてが快適な座席から見られ、ifsやbutsなしで曲の良い翻訳が提供され、非常に成功しました!

あるきます

有名な地区や多くの新しい開発地域を巡回していると、機能している市の行政はすべてのコミュニティにとって祝福であることがわかります。 特にカリフォルニアでは、富と貧困が頻繁に出会うことがあり、一部の通りは本当の意味で世界を隔てています。

最も貧しい地域でさえ整然としていて、何よりもきれいであることは非常に喜ばしいことです。 少なくともオレンジカウンティでは、法と秩序があらゆる都市開発の基盤であることが認識されています。 ここにもホームレスの人が多いことは間違いありませんが、ネガティブな注目を集めることはほとんどなく、歩行者に物乞いや迷惑をかけることもありません。

そしてその間に、カリフォルニアは廃棄物の分別も発見しました。これにより、今ではすべての家の前にあるリサイクル可能なもののさまざまな容器や、多くの新しい集合住宅が私の家のような感覚を呼び起こします。

ここの気候が非常に温暖であるという事実だけが、ここ中央ヨーロッパで問題なく機能するリサイクルシステムがまだここでいくつかの調整を必要としていることを示しています。 しかし、私はこれが非常に迅速に制御されると確信しています。

それで、私はきれいな通りと、散歩に伴う家や庭の多くの私的な改良を楽しみ続けています。

しかし、ここで私が最も気に入っているのは、確立された通りの清掃システムです。各通りには、通りの掃除人がいつ来るかを示す標識があり、事前に車を降ろす必要があります。 そして、隣人が従う必要がないと思った場合、警察とレッカー車がすぐにそこにいます。


今日の詩

その日の私の詩は フィリップラーキン そして1960年1964月に彼によってすでに書かれました。 それは彼のXNUMX年の詩集TheWhitsunWeddingsで最初に出版されました。

マイルと同じくらい悪い

シールドコアを見ている
バスケットをたたく、床を横切って滑る、
運がどんどん少なくなり、どんどん増えていきます

腕を後ろに広げて失敗した
早くも早くも、上げられていない手は落ち着いて、
手のひらに解き放たれたリンゴ。

フィリップラーキン、1960年XNUMX月

その日の誕生日

アーサーコナンドイルとケイトグレイズ

Patreon でこのブログをサポートできます。

2の「22.5.02022 

  1. やあ! 新しいレイアウトに慣れるのは難しいです。完全にクリックすることさえできず、テキストの内容とは何の関係もない巨大なクリップアート(Bis repetita non placent)で迎えられます。
    XXX
    幸い、前のビューを選択することもできます。
    XXX
    [リンクは利用できなくなりました]

    1. 私がアドバイスに完全に抵抗しているとは言えないはずなので、ブログをもう一度「イメージを削除」しました。 スタートページからブログにアクセスするだけでなく、試してみたものをいきなり捨ててしまうと「悲しむ」という読者がいて嬉しかったです。

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。