30.9.02022

写真を投稿: ブランコに乗る子供 | ©シャッターストック

遊び場

Heilbronner Voice (30.9.2022 年 26 月 XNUMX 日: XNUMX) もこのトピックを取り上げている場合、子供は確かにずっと前に井戸に落ちました。 キリアン・クラウト 「都市部にある 160 の施設のほぼ XNUMX 分の XNUMX で ... デバイスがブロックされているか、解体されている」と指摘し、ハイルブロンの子供の遊び場を大規模な建設現場と比較しています。

ああそう 子供に優しい街 160 の子供の遊び場、125 のサッカー場、31 つのスケートパークを含む合計 20 の遊び場があります。 特にこれらすべての機能を最大限に活用できる場合はなおさらです。 しかし、ハイルブロンには約 000 人の子供と若者がいると考えると、全体が少し違って見えます。

そのため、遊び場やサッカー場だけでなく、すべてのスポーツやレジャー施設を考慮した全体的なコンセプトも必要になります。 さらに、幼稚園やデイケアセンター、青少年センター、その他の生徒や学生のためのケア施設が追加される可能性があります。

そして、おそらくこれは、古くからのハイルブロンの問題、つまり、素晴らしいものを世界にもたらし続け、開会式の後もそれらを楽しませ続けなければならないことを常に忘れているという問題も解決するでしょう. 160 あるとされる私たちの遊び場のように、静かに密かに次々と解体されています。

したがって、これらの遊び場は、市議会議員の何人かが今何を言おうと、より強制的な方法で、私たちの公衆トイレ施設のように機能するでしょう.

コンテスト

このウェブログのバックエンドをもう一度いじり、残りのニュースレターの受信者リストを更新した後、電子メールで私のウェブログを購読しているすべての人々と、 EUROPA-UNION ハイルブロンのニュースレター、または自由投票者からの毎月の手紙の受信者。

このグループの中で自分自身を数えることができ、対応する電子メールを私に送った最初のXNUMX人は、私からの本「ヨーロッパはみんなのものです!」を郵送で無料で受け取ります.

残念ながら、RSS 経由で私のウェブログを購読している、または単にソーシャル メディア経由で私のニュースレターを受信して​​いるすべての人は、現在不利な立場にあります。 このグループの人々は、私の本を電子書籍として好んでいただろうと思います。

それで、誰が私に連絡してくれるのか知りたいです。

コーヒー

誰かが私に再び電話をかけてきて、紳士(彼らはほとんどが紳士)が私について不平を言っていると言ったとき、それは私を少し楽しませます. 今日の朝のコーヒーは、投稿に「何人か」と書いたので、実際にすぐに話しかけられたと感じた人がXNUMX人いたためです。

昨日のブログ投稿がさらに嬉しかったです ハンスミュラー、読むのに少なくともXNUMX時間は必要ですが、最初の読者によって推奨されました。 だけでなく ハンスミュラー 彼自身、約 50 ページのエッセイはほとんど読まれないのではないかと心配していました。 そして、私はそのような長い投稿についてかなり懐疑的であることを認めなければなりません. それにもかかわらず、それはの貢献に値する ハンスミュラー 全体を読むこと。 そして、アメリカ人が彼らの民主主義の構造についてまだ議論することができる限り、世界は少なくとも半分は秩序があるはずです. ここヨーロッパでは、ドイツを含めて、民主主義は、事前にあまり議論することなく、一晩で崩れてしまうのではないかと心配しています。 また、米国の民主党ほど熱心に自国の民主主義を維持することを提唱する政党は、現在ヨーロッパにはありません。

そして、再び自分の足を踏み出したと感じているすべての読者に、私に電子メールを書くか、単にコーヒーを飲みに招待することをお勧めします. 自分で電子メールに返信せず、背後で私について不平を言うだけでは、理由が何であれ、どちらの側にも役に立ちません。 しかし、周りに転がっているすべての靴を履かないと、通常は役に立ちます。


  • ええと、当時はBODがありませんでした。

    1985年に電動タイプライターで書きました。
    1984 年以来、Mac は手頃な価格ではなく、Microsoft はただゴミを生産していましたが、1987 年からは Ataris と協力しました。

    • IBM と Macintosh は高すぎたので、私は 1985 年から Schneider CPC664 で書きましたが、もう誰も知りません。 大多数は後に Atari に決定し、私は初めての IBM PC を手に入れました。

      そのため、当時は評判の良い出版社が必要でした。 他のすべては趣味馬でした。 😉

      • 当時、出版社を探していたのと同じように、市場は文字通り SDI の本であふれていたので、私も苦労して学ばなければなりませんでした。 そのため、本のプロジェクトに再び挑戦するまでにはかなりの時間がかかりました。 🙂