ヨーロッパは島ではありません

5
(2)

投稿写真:地中海| ©8926onPixabay

実は、驚くべきことに、今日の同胞の多くがますます疑問を抱いている事実である。 なぜそうなるのか、そしてこの事実からどのような結果を導き出す必要があるのか​​が、この記事の主題です。 私が行った議論の一部は、次のような以前の投稿ですでに行われています。 移行についての考え (2019) 移動運動 (2015)または 地中海ドラマ (2015)に掲載されています。 今日の私たちにとっては大きすぎると思われるこれらすべての課題の原因は、人類の歴史自体と同じくらい古いものであり、したがって、私が最初に寄稿した記事の XNUMX つですでに話題になっていました。 統合 (2005)そしておそらくこのウェブサイトでの私のさらなる考えの大部分を決定します。

移住は、利己主義、好奇心、食欲と同じくらい人間の一部です。 移行がなければ、私たちは今日存在しなかったでしょう。 移行は常に起こっており、私たちの限られた生涯と選択的受容のために、ほとんどの人はそれに気付くことはほとんどありません。

私たち人間は、自分自身にもっと期待できる地域に、いつもよりゆっくり、あるいは少し早く移住してきました。 過去数千年にわたり、私たちはまた、今日では必然的に、すでに地元に住んでいる他の人々にも遭遇してきました。

これが、もともとそこに住んでいた人々にとって必ずしも有利ではないことは、アメリカやオーストラリアのいわゆる「先住民」によって報告されている。彼らの先祖は弱肉強食の犠牲者であり、今日も犠牲者である。 この事実はほとんど否定できず、それ自体が記事として取り上げられるに値します。 私たち「ヨーロッパ人」が何世紀にもわたって他の人々を抑圧し、支配し、搾取してきたことを認識することが重要です。

もう一つの事実は、その否定は私たち全員にとって「死刑宣告」となるだろうということである。つまり、私たち「ヨーロッパ人」は、かつては世界人口の30%を占めていたのに、現在ではわずか5%しか占めていないということである。ここ数十年ですでに考慮されています。

私たちヨーロッパ人が今日も存在しているように、時代遅れのモデルであるという事実の否定は、もはや生きていない人々がこの終わりを見るために、そしてモットーに従って自分の存在の終わりまで自分の存在を生きた人々を助けるだけです。私は大洪水を生きました」(1)。 そのような「世話」に値しないのはまさにこれらの仲間の市民であり、それはまた、ヨーロッパはこれらの人々自身を中心にのみ展開する島であるという主張で最高潮に達します。

古いヨーロッパの終わりの始まりは、1914つの出来事に結びつく可能性があります。 一方では、ヨーロッパ人がより多くのことを約束する地域にさらに継続的に移住し、他方では、私たちヨーロッパ人によって引き起こされた相互の「出血乾燥」の状況で、1945年からXNUMX年まですべてのヨーロッパ人がそうであったことを保証しました弱体化はこれらの戦争から出現し、今後は世界の歴史においてわずかな役割しか果たしません。

それ以来、私たち「古いヨーロッパ人」がますます少なくなっているのは明らかであり、遅くとも1970年代以降、出生率は私たちが知っているような元の民族を養うのに十分とは程遠いという事実がありました。 19世紀から20世紀まで生き続けるために。 ここで、この状況は不可逆的、つまり不可逆的であるとも想定しなければなりません。

しかし、そうすることで、私たちは「真空」を作成しました。これは、よく知られているように、特にこれらがまだ私たちの世界で最も魅力的な分野のXNUMXつであるため、他の人がより強くプッシュしていることを意味します。

さらに、遅くとも1950年代以降、私たちの生産と生活水準を維持し、年金を確保するために、最初はヨーロッパの周辺地域から、そして今では世界中から、ますます多くの人々を惹きつけています。そして老後の介護が必要になります。

ここでの問題は、他の地域から私たちの故郷への必然的な人々の流入ではなく、私たちが移住、統合、同化、さらにはインクルージョンに対処する方法です。

最後の利己的な人さえも夢から覚めさせるために、隣の庭でサクランボを摘むのを妨げるフェンス、壁、溝などはありません。 また、世界人口の5%は、たとえ銃を突きつけられても、残りの人口が自分たちの出身地域よりも魅力的だと考える地域に移動するのを止めることができないだろう。

助けになる唯一のことは、私たちの故郷を魅力のないものにして、誰ももう来たくないようにすることです。つまり、どこにいても、私たち全員が自分たちで「それを乗り越える」ことを意味します。 そして最終的には、私たちのかつての家でチャンスをつかみ、自分の夢を実現する他の人々がやってくるでしょう。

したがって、私たち全員が、私たちの有無にかかわらず、世界は前進し、人々は自分にとってより魅力的に見える分野に移動するだろうということを認識する必要があります。

だからこそ私たちは、1944 年から 1947 年の間に、最終的にはまだ生きる価値のある世界を自分たちで創造するために、そしていつかは生きられなくなるであろう世界を創造するために、これらの状況にどのように対処できるか、また対処しなければならないかの基礎を築いたことを覚えておく必要があります。私たち他の人々が運命を導くことになるでしょう。 B. アメリカとオーストラリア。

だからこそ、私たちは、世界に命令する上で重要な役割を果たしてきた条約のことも忘れてはなりません。この条約は、すべての人の生存を確保するだけでなく、少なくとも私たちのほとんどの繁栄を保証することを目的としています。 これには、世界人権宣言 (1948 年) や世界人口の 10% 未満に対する欧州基本的権利 (2009 年) が含まれます。

NATO条約(1949年)により、私たちヨーロッパ人はソビエトによる敵対的買収から身を守ることができました。それは私たち全員を単なる労働奴隷にし、さらに私たちヨーロッパ人が現在および将来の世界大国に支配されないことを保証します。

ローマ条約(1957年)で、私たちヨーロッパ人は一方で私たちが 欧州統合 協力と効率の向上を通じて、言葉の本当の意味での国民の生存を確保するとともに、その一方で、現地で国民を強化し、最終的に移住を阻止することで、アフリカ、さらには世界の他の地域に責任ある支援を提供することによって、ヨーロッパには制御不能。

条約の調印により、すべての署名者は、ヨーロッパがナショナリストの大惨事からの回復に成功し、世界での地位を維持し続けることに同意しましたが、今回は対等なパートナーとして。 さらに、署名者は、私たちが共通の世界のすべての人々のための場所を確保できること、そして将来の欧州連邦国家もより大きな移民運動を管理および調整できることを確信していました。

残念なことに、ヨーロッパにおけるすべての期待に反して、国家主義者たちはヨーロッパ統合の最初の成功の後、再び自らの主張を強め、ヨーロッパ統一が遅れ、すでに修正されているだけでなく、ヨーロッパの他の地域の発展への支援も確保した。世界の最小値が削減されました。

その結果、欧州に対する「移民圧力」は強まっており、欧州がこれに共に対応する機会は生まれていない。 これは現在の状況に逆戻りしており、遅くとも数年以内には私たちの制御下に置かれなくなるでしょう。 そうなると、私たちヨーロッパ人も少なくとも問題の一部であり、将来的には他の人々が私たちの運命を左右することになるでしょう。 私たちが常に否定してきたことを彼らが私たちに認めてくれるのかどうかは疑わしい。

「ヨーロッパの島」の神話とその住民の優位性に固執するのは間違っています。

私たち全員にとって壊滅的なのは、政治家たちがこの神話を誇張して一つの嘘にし、国境閉鎖、射殺命令、国外追放によって愛する国、とうの昔に存在しなくなった国を守ることができると国民に約束していることだ。そして、それらは欧州連合と世界銀行の点滴によって生きているだけです。

条約や協定の遵守を開始し、当面は各国なしでやらなくてはならない場合でも、ようやく欧州連邦国家を創設することで、ますます深刻化する状況に対抗しているのは正しいことです。

そして、その間に世界は70年も前進し、国家主義者たちがヨーロッパ国民への被害をさらに増大させてきたため、私たちは1945年当時と同じように、新たな「緊急事態」に従い、再び主導権を握り、非常に論理的に物事を進めなければなりません。そして一貫して目標を設定します。

  • モロッコは参加するための合図を取得する必要があります
  • トルコは、非常に特殊な条件に従って、加盟を保証されなければなりません。
  • マグレブと中東にも加盟の見通しが与えられなければなりません。

このようにして、私たちはこれらの地域を鎮静化し、南部の現在の反対側の海岸を確保し、移住の圧力を減らし、ヨーロッパへの必要な移住を再びよりよく制御することができます。

このようにして、私たちはまた、ヨーロッパを、世界の人口の約 10% を擁する規模に戻し、独自の価値観と考え方を持つ独立した存在として長期的な視点を持つような規模に戻すための条件も整えています。 そうでなければ、私たちのヨーロッパは一般的な友好関係に溶けてしまい、将来のヨーロッパ人は、私たちが今日古代ギリシャ人を振り返るように、私たちを振り返ることになるでしょう。


(1)この声明は ポンパドゥール夫人、ロスバッハの戦いの後で次のように言った:

「我が亡き洪水」

ポンパドゥール夫人(5年1757月XNUMX日)

「Toutestdit、et l'on vient trop tard depuis plus de sept mille ans qu'il ya des hommes quipensent。」

ジャン・ド・ラ・ブリュエール、 Des Ouvrages de l'Esprit

この投稿はどの程度役に立ちましたか?

星をクリックして投稿を評価してください!

平均評価 5 / 5.レビュー数: 2

まだレビューはありません。 以下からこの投稿にコメントすることもできます。

投稿がお役にたてなくてごめんなさい!

この投稿を改善させてください。

この投稿を改善するにはどうすればよいですか?

ページビュー: 1 | 今日: 1 | 22.10.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日からカウント

共有: