緑茶

5
(3)

投稿写真:緑茶| ©Pixabay

私の紅茶への愛は、1970 年代にセイロンでの休暇中に地元の紅茶を知り、愛するようになったときに始まりました。 その結果、セイロンティーは何十年にもわたって私のお気に入りのホットドリンクでした。 ほとんどがブラックのセイロンティーは、わずかにモルティでフレッシュ、そして時々レモンのような味が特徴ですが、私はいつもこれらのティーを用量の関係でかなり苦く強く飲みました。 可能な限り大きな茶葉を使用することに特に注意し、二度目にお茶を注ぐことはほとんどありませんでした。

それからポーランドでの私の時間の間に私達を作りました マーク・ラムス 〜に 緑茶 気配りがあり、数ヶ月以内に私たちを紅茶を飲む人から緑茶を飲む人に変えることができました。 そして、マレクは中国茶を好んだので、私たちもそれに慣れました。 ほんの数年後、日本人の同僚が美味しい日本茶もあると私に指摘したとき、私たちは時々日本茶を試し始めました。

紅茶とは対照的に、緑茶の茶葉は発酵せず、処理方法が異なるため、今日ではおそらくXNUMXつのお茶の種類を交差させます。

興味深いことに、私たちは常に日本製のほとんどが鋳鉄製のティーポットを使用して、最初からお茶を淹れています。 これらも見栄えが良いので、お茶の種類ごとに別々のポットを使い始めました。

しかし、今日でも私たちは、より花の香りがあり、時にはスモーキーで苦い味がする中国の品種を飲む傾向があります。 日本茶はかなり青臭く、私の意見では、時には生臭くさえ感じます。

その間、私たちはインドのダージリンにも慣れてきました。これは私たちが緑茶または白茶として飲むのが好きで、ウーロン茶と非常によく合うと思います。

中国のウーロン茶はここ数年で私たちの大きなお気に入り(ヤンチャ)になりましたが、私たちはチュンミーを飲むことも本当に楽しんでいます。 個人的には、熟成したウーロン茶のプーアル茶も飲んでいます。

ちなみに、有名なジャスミン茶は緑茶で、製造時にジャスミンの花と混ぜて、再びお茶から取り除きます。

「もちろん、明日生きるかどうかはわかりません。 でも、明日生きたらお茶を飲むということは知っています。」

ゴットホルトエフライムレッシング、確実性(1771)

この投稿はどの程度役に立ちましたか?

星をクリックして投稿を評価してください!

平均評価 5 / 5.レビュー数: 3

まだレビューはありません。

投稿がお役にたてなくてごめんなさい!

この投稿を改善させてください。

この投稿を改善するにはどうすればよいですか?

ページビュー: 12 | 今日: 1 | 22.10.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日からカウント

共有: