基本法

5
(9)

投稿写真: 祝う人々 | ©シャッターストック

23 年 2024 月 75 日で、我が国の基本法は制定 XNUMX 周年を迎えます。もう誰もが XNUMX セントを寄付しているはずです。そこで私は今日、憲法についていくつか考えをまとめたいと思います。残念なことに、私はすでに何人かの人々のつま先を踏んでいます。それについて何かを書いているからではなく、冒頭で私たちの基本法を憲法と呼んでいるからです。そしてそうです、一人や二人の批判者を避けるために、ドイツには基本法が実際には憲法ではない理由をページを費やして説明している弁護士もいます。特にここドイツでは、弁護士の中にはバカがいるとしか答えられない。唯一悪いのは、ここ数日で私が受け取った基本法に関するXNUMXつかXNUMXつのプレスリリースで、「賛辞」の中に憲法という言葉を完全に避けている。一方で、これは選挙キャンペーンのためであり、どちらかの政党が自分たちの右翼勢力との関わりでそれを台無しにしたくないということだが、非常に多くの賛辞者がいる中で、この言葉ではない選択は間違いなく心からのものである。なぜなら、私たちにとって基本法を守ることは依然として国家事項であるにもかかわらず、人々はすでにできるところはどこでもそれを削り取っているからです。

1949 年、終戦からわずか XNUMX 年後、国家社会主義の犯​​罪に直面して、基本法の起草者らは新たな法を制定しました。 ブンデス共和国は非常に革新的な憲法です。これにより、連邦主義が私たちの社会の基盤となっただけでなく、ヨーロッパの統一がドイツ政治全体の基礎として定着しました。一部の国民や法律家は、これがヨーロッパ連邦国家への自らのコミットメントであることをすでに認識しています。 「世界平和に奉仕する統一ヨーロッパの対等な一員として」というドイツの自己イメージは、前文の文言で前置きされている。 — これを、基本法にはないので無関係であると解釈する愚か者が増えている。

最初の 20 条における人権の証券化が明らかにしているように、我が国の基本法には、「もしも」も「しかし」もなく、法の支配の原則が貫かれています。第 1 条はすでに次のことを明白に宣言しています。「人間の尊厳は不可侵である。彼らを尊重し保護することは、すべての州当局の義務です。」

しかし、私たちの基本法も当初から「生きた文書」だったので、私はその印刷版を保管する習慣をずっとやめてきました。彼のことを知っていればもっと良い ソースへのハイパーリンク 必要に応じて、いつでもそこで現在のバージョンを見つけることができます。ドイツ連邦軍は非常に早い段階で憲法に書き込まれたが、すぐに反対された。これはドイツ連邦軍だけでなく憲法も政治の優位性の対象であることの証拠と見ることができる。その後、望ましい欧州統一は第 23 条によってより具体化され、現在統一されたドイツの EU への参加が明記されました。

他の事柄も我が国の憲法に取り入れられており、我が国の憲法で守る価値のあるものについての議論は今では終わりがありません。時々、全体が非常に奇妙な形をとることがあります。これは、人々、社会全体、そして民主主義が常に変化していることを証明しているだけです。

しかし、今日でも基本法に根付いている西側諸国、ヨーロッパ、ドイツの共通の価値観が、極端な政党やポピュリスト勢力によって攻撃されており、そして残念ながら現在ではまた、主流政党による。彼らはまだ、私たちの基本法を全面的に、あるいは直接的に攻撃していません。彼らは、それが実際の憲法であることを最初から否定することを好みます。近日中に私たちの政党からの関連プレスリリースをご覧になり、ドイツ基本法の75年間を踏まえて、どの政党、組織、協会が意図的に「憲法」という言葉を避けているのかをご自身の目で確認してください。

残念ながら、私たちはすでにさらに一歩進んでいます。基本法そのものを受けて、私たちは人権について話すことはますます少なくなっているが、「基本的権利」がドイツ国民と現在好まれている直接の隣人にのみ適用されるべきかどうかについてはすでに議論されている。

疑いもなく、私たち人間と政治は常に変化しています。人生はただ変化するだけなのです。

この75周年を踏まえて、私たちは今日でも、私たちの憲法と共和国の創設者の考え、概念、要求に応えているかどうかを緊急に自問する必要があります。しかし、私たちはむしろ、憲法の建国の父と母がどのようなジェンダーを認識していたのかを自問したいと考えています。

私たちが実際にどこから来たのかを認識した場合にのみ、将来どこに行きたいかについて合理的に同意することができます。

私は、民主主義、連邦主義、そしてヨーロッパが今後もこの分野で役割を果たすことを願っています。

「独立した政治的行動の原動力としての個人の責任感は、失うものがあるときにのみ生まれます。」

ヴァルター・ハルシュタイン、ドイツと西洋文明の講義、1.3.1946 年 2018 月 39 日 [ウォルター・ハルシュタイン、XNUMX: XNUMX で引用]

[https://iiics.org/h/20240522054900]


この投稿はどの程度役に立ちましたか?

星をクリックして投稿を評価してください!

平均評価 5 / 5.レビュー数: 9

まだレビューはありません。

投稿がお役にたてなくてごめんなさい!

この投稿を改善させてください。

この投稿を改善するにはどうすればよいですか?

ページビュー: 91 | 今日: 1 | 22.10.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日からカウント

共有: