マーケット&フェア

投稿写真:馬市場2020

太古の昔から市場が存在し、当初は商品の交換や個々の人々のグループ間の技術やアイデアの移転に使用され、長距離貿易に加えて全人類のさらなる発展を確実にしました。

中世以来、市場権は都市法の準備段階であり、ハイルブロンのような都市が発展できることを保証していました。

その後、最も多様な市場に加えて見本市が追加され、生産者と販売者が商品やサービスを目立つように展示し、その結果、それらを上手に販売できるようになりました。

市場や見本市は、訪問者に食べ物や飲み物だけでなく、他の娯楽も提供し、最終的にはそれぞれの市場や見本市の魅力をさらに高めました。

全体を訪問者にとってさらに魅力的なものにするために、市場と展示ホールが大都市に建設されました。 マーケットホール 多くの場所で本当のアトラクションになり、それぞれの都市に国際的な評判をもたらしました。

その間、インターネットとワールドワイドウェブは、他の、そして多くの人々にとって、買い物をしたり、最新の製品やトレンドを見つけたりするためのはるかに便利な方法を提供してきました。 さらに、これらのデジタルマーケットと見本市では、どこにいても、誰もが参加して参加することができます。

実際にはもはや完全に新しいものではないこの課題は、一方ではエンターテインメントコンポーネントを増やし、他方では市場または見本市のコアコンピタンスを強化することで解決できます。

前者はあなた自身のイベントが競争する結果になる傾向があるので お祭りやお祝い したがって、他の領域で「密猟」されるだけでなく、関連するスタンドオペレーターの実際の必要な顧客をさらに減らすリスクもあります。

だからこそ、それぞれの市場や見本市の実際のコアコンピタンスを覚えて、それを積極的に推進・拡大していく必要があると思います。 コアコンピタンスを高めることで、これらのイベントはデジタルライバルに対抗するために必要な評判を取り戻し、他のフェスティバルやお祝いと比較して独自のセールスポイントを獲得し、視聴者全体への魅力をさらに高めます。

祭りや祝賀会は人間の共存の重要な部分ですが、都市を構成し、社会全体を助けるのは常に市場や見本市でした。

「財産を手に入れることができず、他に興味がないのは、できるだけ多く食べ、できるだけ労働を少なくすることです。」

アダム・スミス、国富論(1776:Book III、Chapter 2)

Patreon でこのブログをサポートできます。

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。