後付け

特集写真:シアターシフハイルブロン

第 6 回ヘルテンシュタイン会談が、当初 12 年間続く予定だったこの一連の会談の中で最高の会談であったことに疑いの余地はありません。 これは確かに、新しい会場である劇場船ハイルブロンによるものでもありました。 一方では、その芸術監督の周りのチームが提供した クリスチャンマーテンモルナー 新しい作品「アインテンツァー」のリハーサルに参加する機会との会談の後、さわやかなサポートプログラムと、一方でコーヒーベイチームから ヨッヘン・ヴィーラント ディスカッションの参加者は終日、食べ物や飲み物を提供し、ディスカッションの最後には素晴らしいイタリアン ビュッフェを提供しました。

しかし、EUROPA-UNIONの数人のメンバーが通常のレベルを超えてコミットしていなければ、会談は不可能だったでしょう。 私は私のより良い半分が最初に欲しい Bettina Kummerle 彼は、バーデン・ヴュルテンベルク中からハイルブロンまでヨーロッパの連邦主義者を誘い込むために、何週間にもわたって全力を尽くしました。 また、 ウルスラ・ヘクト 最後までハイルブロンのすぐ近くでの会談のためにキャンペーンを行い、議事録作成者としても利用できるようにしました。 トーマス・ハイリゲンマン バーデン・ヴュルテンベルク州のEUROPA-UNION幹部会メンバーが、ヘルテンシュタイン会談の過程でビデオ会議を介してベルリンで開催される幹部会に参加できるようにしました。 ハーバート・バークハート Heilbronner Marketing Gesellschaft が追加の施設を利用できるようにし、Heilbronn Operations Office が劇場船の前に XNUMX つのヨーロッパの旗を掲げたことを確認しました。 最後になりましたが、EUROPA-UNION事務総長はドイツを訪問しました クリスチャンモスは、スケジュールがいっぱいだったにもかかわらず、再び会談に参加できるように、妻と一緒にベルリンから来ました。

それも嬉しかったです 博士ヴァシリオス・ヴァドカス, Leonard Reinwald, マイケルジョージリンク MP、 フランツ・シルムハーバート・スチューデル 再び乗船しました。 また、私たち自身の他のメンバーを説得して参加させることができたこと。 ヴェレナ・ディアイ, イングリッド・エーハイム, ハイナー・デルナー, トーマス・ミシェルヴォルフラム・ルドルフ. 特にうれしかったのは、 フロリアン・ジーゲンバルグ シュトゥットガルト代表団など シモーネ・シュミットマイケル・コンク 地区委員長がマンハイムを率いて ピーターシュルツェ、ルクセンブルク経由 マヌエル・ショブ、ハイデルベルグ経由 教授博士ワルサーハイペルツ とレムス・マー キャサリン博士マルクス・シルトクネヒト 代表されました。 ルール地方からは余分だった アンドリアカイ・バース 到着し、ブリュッセルから ジャン・マルシア. 前国会議員もそうだった エベリン・ゲブハルト 雑多な乗組員を歓迎し、全体でほぼ 60 人の参加者で構成されていました。

今日のビール コースターのほぼ必須の評価では、大部分の参加者がイベントに十分満足していることがわかりました。そのため、将来的に改善のためのいくつかの提案を考慮に入れることができるかどうか、またどのように考慮する必要があるかを検討する必要があります。

しかし、第 6 回ヘルテンシュタイン会談への準備段階で、これらが前例のない激しさを生み出すことはすでに明らかでした。そのため、60 人のモデレーターが準備段階で合計 XNUMX ページの論文を討論者に配布したことは驚くべきことではありませんでした。また別の司会者は、会談への準備段階への参加を取り下げさえしました。その理由は、数十年の議論の失敗の後、彼はそのような会談の意味と目的に対するすべての信頼を失い、交渉の時が来たと考えているからです。ヨーロッパ革命は来るべきものではありません。

この激しさは、ディスカッションに新たに参加した一部の参加者には隠されたままだった可能性があります。これは、このディスカッション プロセスに何年にもわたって積極的に参加し、そこで提起されたトピックを別の視点から同じように繰り返し見て初めて明らかになるからです。時間が再調整されました。

今回は 75 ポイントがいつもより重くのしかかり、ヨーロッパだけでなく全世界が非常に不安定な状況にあるにもかかわらず、ヨーロッパのカートがいかに膠着状態になったかを明確に示しました! 現在の非常に流血で費用のかかるウクライナ戦争に関する会話の焦点は、ヨーロッパのアイデアが実際にどれほど悪いかを明確に示しています-そしてこれは、過去数十年ですでに達成されたすべての成功にもかかわらず、注目に値し、言及する価値があります! 欧州は、欧州連合の市民に主権を取り戻し、80 年以上の平和な期間と XNUMX 年を優に超える私たち自身の平均余命と相まって、以前には想像もできなかった前例のない繁栄をもたらしました。 機能している民主主義、一般的な人権およびヨーロッパの公民権は言うまでもなく、見返りを提供する必要なく、すべての人に自己実現の機会を与えます。

それにも関わらず、あるいはそのせいか、XNUMX点以上の驚きがありました。 最初の、それほど悲劇的ではないのは、連邦首相がドイツ連邦共和国で XNUMX 度目の転換点を宣言した後の展開です。 オラフショルツ 今年のXNUMX月。 当時の連邦首相による最初のターニングポイントである精神的および道徳的なターニングポイントを今でも覚えている人もいます ヘルムート·コール、ヨーロッパとドイツを数十年後退させ、私たちの社会の社会的不平等の間のギャップを本当に開いた. 現在の転換点は、私たちの社会の一部が、私たちの社会を犠牲にしてさらに豊かになる可能性を再び開いています. その間、ドイツの武器産業と国際的な武器取引の代表者が国中を駆け巡り、アメリカは実際には非常にひどい武器保護主義者であり、ヨーロッパは自律的な軍事大国になる場合にのみ生き残ることができると説明しています。 明らかに、これらの紳士淑女は、将来予想される政府支出の数十億ドルのうち、可能な限り最大のシェアにのみ関心を持っています - ドイツ連邦軍に最近約束された100億ユーロは、大海のほんの一滴にすぎませんが、これはロビイストが私たちの会議に出席するのに十分な理由です。

私自身がもともと経済的リベラルな一角の出身であったとしても、インフラや特に軍備の問題に関しては、国がこれを自由市場に任せてはならないことを認め、要求しなければなりません。市場を完全に無視しないまでも、市場を規制します。 さらに、特に武器は自分の同盟内でのみ取引され、その開発と生産はコストの理由だけで同盟 (NATO) 全体で組織されていることが、あなた自身の兵士 (!) にとって絶対に必須であり、不可欠です。量が達成されることができます。 これを別様に組織する人は誰でも、非常に特定の社会集団に助成金を与えるだけであり、兵士の命だけでなく、国全体を危険にさらします. この観点は、会談中に私が表明しただけでなく、残念なことに、会談の他の参加者の何人かによって激しく拒否され、想定されていたヨーロッパの自治は非プラスのウルトラに引き上げられました.

第二のポイントは、国民国家自体の継続的な固有の美化でした。 出版物さえ一つになる ハンナ·アーレント 国家は最近の歴史の産物にすぎないということは、かなり前に証明されました。 そして国民国家の唯一の目的、つまり市民の福祉を保証するという福祉国家の目的でさえ、今日では疑問視されなければならないでしょう - 欧州社会基金やユーロ債はその良い例として挙げることができます. グローバル化の時代には不可能であることは言うまでもありません。 のような対応する通知 ミハエル・ウォルフゾーン、国民国家の擁護者によって慎重に無視されています。 それでも、私たちのヨーロッパの国民国家が今日しか存在しないということは、長い間一般的な知識でした. そして、ドイツ連邦共和国が何十年にもわたって伝統的な構造にしがみついていて、ザールラント州やベルリンのような「国」があらゆる理由で生き残ってきたのと同じように、ヨーロッパで国民国家の必要性を広め続けている人もいます。 その支持者は明らかに本全体を埋め尽くしています。 提唱された正当化は、国民国家は古くからあるという誤った主張に加えて、伝統的な社会構造、主に国民国家感情のそれ、国民との自分自身の同一化です。 そうすることで、国民国家は純粋に政治的構造であり、市民は自分の地域、地区、渓谷でくつろいでいる傾向があることを完全に忘れてしまいます。

XNUMX 番目のポイントは、最終的に私にとって決定的なものであり、おそらくモデレーターが途中で会議を終了することにもつながりました。 私たちは、道がゴールになることは決してないという意見でした! しかし、非常に具体的な目標に向かって正しい道を歩み続ければ、私たち人間は実際に満足するはずであるという結論は、この道を歩んでいる人々がこの目標を達成できることが予見できる場合にのみ正しい.

そして、私たちは世界平和、永遠の命、少なくとも生涯にわたる健康などの崇高な目標について話しているのではなく、単に、ヨーロッパの非常に扱いやすい地域内の政治構造の変化について話している.

そして、この目標は再定義され、1945 年に設定されました。人々は 1946 年に世界連合、つまりヨーロッパの連邦国家の創設からすでに距離を置いていたのです! 遅くとも 1948 年までには、この連邦国家は民主的で連邦制の構造でなければならないということは、政治を考えるすべてのヨーロッパ人にとって明らかでした。 ドイツ連邦共和国の成立とともに、これは私たちの国の問題にもなりました。 過去数十年の事実は、これがヨーロッパにとって正しい目標であること、そして私たちヨーロッパ人が 1946 年以来正しい道を歩んできたことを何度も示してきました。この道を最初に踏んだ者は長い間死んでいます。 その間に、連邦市民の第 75 世代または第 XNUMX 世代がすでにこの道をたどっています。

念のために言っておきますが、政治的構造変化の目標に向けた「唯一の」方法は、さまざまな理由で数回実行できた可能性があります。結果。

だからこそ、市民に必要かつ望ましい目標への道を歩ませるのに、その目標に到達する機会や機会を与えないのは、非人道的だと私は思います! そして、彼らは正しい道を進んでいるので、幸せで感謝しなければならないことを伝えます.

そのような議論の背後に実際にどのような人間像があるかについて、私たちは皆話し合うべきです。


Patreon でこのブログをサポートできます。

2の「後付け 

メンション

  • #レビュー| 17.09.2022 年 XNUMX 月 XNUMX 日にハイルブロンでヘルテンシュタインが会談 - #ヨーロッパの未来について
  • トーマス・ミシェル🇪🇺

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。