Kümmerleのウェブログについて| 私について

どのようにすべてが始まりました

1970年代の終わりに、私は当時の「私の」政治的青年組織であるYoungLiberalsの雑誌に書き始めました。 これらは私の最初の公開記事だったかもしれません。 1980年代の初めに、トピックは原子力、内燃機関での触媒コンバーターの使用、そして何度も何度もセキュリティと防衛政策を中心に展開しました。

勉強や職業生活の中でも、個別の記事を書き続け、ますます興味を持っていました 自分の詩 練習した。 そして、インターネットの出現とそのますます人気のある使用法で、私は神と世界についてますます書き始めました。 

2005年、私は自分のアドレスで個人のブログを公開することにしました。

いつものように、私はそこに神と世界について書いています。 何年にもわたって、ヨーロッパ、政治一般、ハイルブロンの内部および技術のトピックが浮上してきました。 全体が過負荷にならないように、他のすべてを一般カテゴリに要約します。 

私はすべての読者が私のウェブログで楽しい滞在をして、彼らが思考のためにいくつかの食べ物を奪うことができることを願っています。 そして、どちらか一方があなたに意見の相違を引き起こした場合、私は特に喜んでおり、双方にとって実り多い議論を望んでいます。

また、他のブロガーが最近私のブログに自分の記事を書くことに同意したことを非常に嬉しく思います。

私は30年1962月XNUMX日に生まれました ハイルブロン そこで生まれ育ちました。 私はバプテスマと確認を受けました ニコライ教会、 私の祖母がしたように。 私は学校に行きました ダム小学校 とで ロバートメイヤー高校。 学生として、私は政治的に、そして救助隊でボランティアをしました。 ドイツ救命協会 雇用された。

私は責任ある市民として、高校卒業後すぐに兵役をし、その後会員になりました。 キャリアオフィサー。 でアカデミックトレーニングを完了しました ミュンヘンの連邦軍大学 資格のある教育者として。

私はハイルブロンの女性と25年以上結婚しており、高校卒業後すぐに我が国に奉仕し、救急救命士として働いていたXNUMX人の息子の父親です。 アーベイター・サマリター・バンド 救われた命-私はそれをとても誇りに思っています! 私の長男は私の足跡をたどり、歩兵将校になるための訓練を受けています。

私たちの国では、家族の有無にかかわらず数年間海外で働き、いくつかの海外赴任に携わりました。 余暇は限られていましたが、場所が変わったため、さまざまなスポーツ、ライフル、文化団体、クラブ、社会で自主的な仕事をすることができました。

だから私は何度も小教区を変えなければなりませんでした、そしてこれは私のXNUMX人の息子がそこで確認されたという事実によるものでもありました マルティンルター教会 私はまだウルムで非常につながっています。

ヨーロッパのアイデアと ヨーロッパの連邦主義者 支援団体として。 だから私はXNUMX年間地区委員長を務めてきました 欧州連合ハイルブロン そこにある他の名誉職に同行します。

引退後、妻と私は家に帰り、再び自分自身を強化し始めています ハイルブロン 従事する。 今、私は戻ってきたような気がします 南コミュニティ 家でそしてまた時々行く ニコライ教区 バック。

Auszeichnungen:

とりわけ、「金のドイツ軍の名誉の十字架」と「MédailledelaDéfenseNationaled'argent」(フランス)。
さらに、NATO、EU、ドイツ連邦軍の金、銀、銅の配備メダルと配備数。


インタレッセン

ヨーロッパの連邦主義者とヨーロッパ-ユニオンハイルブロン

私は、ヨーロッパの連邦主義者へのコミットメントは市民の義務であり、ここヨーロッパだけではないと確信しています。 そして、EUROPA-UNIONハイルブロンは、職務も楽しいものになり得ることを証明しています。

EUROPA-UNIONハイルブロンのウェブサイト

地方政治—無料有権者ハイルブロン

私はでしようとしています 地方政治 持ち込むうまくいかなくても、何もしなかったことで後で自分を責める必要はありません。

それはまた、特に地方選挙キャンペーンも楽しいです、そしてあなたは非常に興味深い人々や他の多くの人々をもう少しよく知るようになります。 いわばお互いに有利な状況。

自由投票者として、私はどの政党にも所属する必要はありません。

無料投票者ハイルブロンのウェブサイト

ドイツ・アフリカ協会ハイルブロン

アフリカでの、そしてアフリカのための私の専門的な活動の過程で、私はこの大陸を好み、ハイルブロンに他の人々と非常に非公式な方法で私たちの地域に定住したすべての国からのアフリカ人を集める協会があることに驚きましたアフリカに興味があります。 私の意見では、これは非常にうまく機能します。

また、東アフリカのさまざまな農業プロジェクトを支援し、100%の支援が確実に届くようにしています。 最新のプロジェクトはXNUMXつです モリンガファーム いい友達。

スポンサーシップを読む

私は自分で読書をするのが好きなので、読書のスポンサーになることにしました。 だから今は昔の小学校で定期的に読んでいて、毎年「男は声を出して読む」の一環として読んでいます。

私はいつも他の素敵な人に会うので、論理的にはメンバーでもあります 市立図書館ハイルブロンeVの友の輪

ブログ

2001年以来、私は現在ブログと呼ばれていることをやっています。 最初は自分自身と新しいウェブサイトでの実験として、そして2005年から定期的に個人のウェブログの形で、それから私はこのウェブサイトに移動しました。 現在、ここにはかなりの数のブログ投稿があります。 残念ながら、私の絶え間ない実験のために、それらのいくつかはデジタル涅槃に移行しました。

その見返りとして、2020年以来、素敵な仲間の市民がここにいることで私を支えてくれています。 ゲストブロガー 書くことで、私のブログをより多様にし、とりわけ、より面白くすることができます。

書きます

私は長い間、現在のトピックやヨーロッパに関するすべての記事やレポートを書いてきました。 2020年以来、私の本「ヨーロッパは皆のためです!」はハードカバーまたはペーパーバックで利用可能になりました。

2021年以来、私の本「EUROPA-UNION」は、ペーパーバック、製本、電子書籍として利用できます。

また、2021年以来、「We Are All Part of Europe!」というタイトルの私のヨーロッパの本の英語版が、書店で入手できます。

さらなる本は計画段階または作成中です。

ダンス

私の良い半分からの少しの家庭教師で、私たちは最近再び踊り始めました。 そして、パンデミックが制御されたら、定期的にこれを実行できるようになることを望んでいます。

私はWolfaufder Alleeで最初のダンスレッスンを受けた後、PaulinenstraßeのWolf-Boppelダンススクールで続けました。 その後、私は自分の仕事で非常によく学んだことを利用することができ、1980年代にはまだボールからボールへと回転していました。

2021年以来、私の良い半分と私はヴィルヘルム通りのブレナーダンススクールで再び踊ることを学んでいます。


「何マイルにもわたって、自分が知りたいことを知らなかったので、自分が知りたいことを学んだとは言えません。 でも、知りたいと思っていたことがわからなかったことを学びました。」

ウィリアム・リースト・ヒート・ムーン、 ブルーハイウェイ (1982)