EUの核爆弾

5
(13)

注目の写真: 夢精 | ©サミー・サンダー、Pixabayから

現在、学歴の低い政治家の中で最後のクソ野郎だ!現在、米国に加えて、英国、フランス、イスラエルが独自の核弾頭を保有しています。とりわけ、ドイツは核シェアリングを通じて核弾頭を「保有」している。

しかし、英国とイスラエルの両方が現在米国の弾頭(開発と生産)に依存していると想定する必要があり、これは実際には非常に理にかなっています。

また、フランスの弾頭はとうの昔に時代遅れになっており、早急に近代化する必要があると考えなければなりません。有力な情報源によると、フランス政府は数年前に初期トランシェに20億ユーロ相当の費用がかかると見積もっており、既存の弾頭の近代化(つまり交換)だけでも100億ユーロ相当の費用がかかると推測できる。とりわけだからこそ、フランス人はこの冒険に乗り出したいパートナーを何年も探し続けてきたのです。私がここで意図的に冒険について話しているのは、イギリス人が今では別の道を歩み、アメリカ人の費用を分担しているからである。

数年前、アメリカ人も今後の弾頭の近代化に100億ドルもの巨額の資金がかかると予想していた。フランスの国防予算から、弾頭の「備蓄」だけでも年間 3 億ユーロの追加費用がかかることがわかっています。

そこで、EU の核爆弾について計算してみますが、その数はフランスの核爆弾よりもさらに多くなるはずです。控えめに計算すると、年間メンテナンスだけでも 5 億ユーロかかると想定しなければなりませんが、おそらく多くのシェフが発言権を持っているため、年間コストは 10 億ユーロになるでしょう。さらに、最初の原子爆弾の開発と製造があり、これには200億ユーロを目標とすべきです。その後、すでに述べた100億ユーロは、少なくとも20年から30年ごとに再び支払われることになる。

そうすれば、私たちは実際に独自の核弾頭を持つことになるでしょう。

問題の政治家たちが私たちに言っていないのは、私たちが確保しなければならないウラン鉱床と、新しい原子力発電所、生産、廃棄作業を含む弾頭の開発、建設、実験のための対応するインフラも必要だということだ。 。

問題の政治家が何を語ろうとも、武器運搬船とそれに必要なインフラも必要であり、保守的に計算すると数千億ユーロの費用がかかり、一時的な費用以上の費用がかかることになります。

問題の政治家たちが私たちに言っていないのは、私たちには宇宙からの偵察と指揮資源も必要であり、それがなければ核抑止力は機能しないということだ――私たちの政治家もヨーロッパの現地でダーティボムを爆発させないと仮定しよう。世界はハルマゲドンへ。

だからこそ英国は米国との協力をこれまで以上に緊密にし、費用を分担するという唯一の賢明な道を選択したのです。

わが国の政治家たちは必ず独自の道を進むだろう。


この投稿はどの程度役に立ちましたか?

星をクリックして投稿を評価してください!

平均評価 5 / 5.レビュー数: 13

まだレビューはありません。

投稿がお役にたてなくてごめんなさい!

この投稿を改善させてください。

この投稿を改善するにはどうすればよいですか?

ページビュー: 95 | 今日: 1 | 22.10.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日からカウント

共有: