フォーラムで議論するには、ログインする必要があります。 IndieWeb (ウェブサインイン) または、このブログについて私に質問してください (Eメール) 登録するために。どちらの場合も、その後、登録プロセスを実行します。

フォーラムナビゲーション
てください。 投稿やトピックを作成します。

コメントについてどう思いますか?

ブログには誰でも利用できるコメント機能があります。 コメントには多種多様で非常に迷惑なスパムが毎日届くため、コメントを書いた本人であるかどうかを事前に確認しています。

以下の場合はコメントを投稿しません。

  1. その人を人間として識別できない場合、たとえば、 B. xy65@dot.com
  2. コメントに犯罪行為の扇動が含まれている場合、または非常に攻撃的な場合。
  3. ブログ記事と関係のない広告の場合も。

したがって、すべてのコメントは公開されて公開される前に私によってチェックされます。 

コメントを誤ってスパムとして分類するという前例のないまれな出来事が発生した場合は、私までご連絡ください。 

コメントはいつでも大歓迎です!

ただし、コメントには返信させていただきます。 また、コメントの作成者が私の回答に満足していない場合もあります。


ページビュー: 4.845 | 今日: 1 | 22.10.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日からカウント
  • 追記:インフレはユーロ以前よりも強い?

    いいえ。ユーロが誕生して25年になります。平均すると、ユーロシステム(ECB + 各国中央銀行)は 1999 年から 2020 年にかけて、以前よりも大幅にインフレ目標を達成しました。コロナ危機、供給ボトルネック、エネルギー危機の結果としての現在のインフレ局面により、2021年と2022年に世界中で価格が上昇しました。インフレ率は2022年末から継続的に低下しており、再び2%に近づいている。
    さらに、共通通貨はさまざまな危機においてヨーロッパに安定をもたらしました。
    共通通貨は国内市場を支え、ドイツが好調な輸出実績を達成するのに役立ってきました。

    • ありがとうございます。関連するフォーラムに投稿を投稿しました。また、フォーラムへの参加を喜んで解除させていただきますので、フォーラムにも積極的にご参加いただけますようお願いいたします。

  • 「Europe Now!」ディスカッショングループの議事録に、私たち参加者もヨーロッパが、特に私たち若者にとっていかに「自然」になったかについて議論したことを付け加えておきたいと思います。 私たちの多くは違いを知りません。 国境のない旅行、ユーロでの支払い、オンラインショッピングの際の関税なし、これ以外に方法はほとんどありません。 ヨーロッパへの関心を高めるためには、これらの自由を実証することが重要です。
    同様に、グループの大多数は、現在の展開を観察すると恐れているのではなく、むしろ懸念と不確実性を感じることに同意しました。

    • 私たちが判断できたように、そのようなラウンドの半減期は、リモートでさえフォーラムを埋めるのに十分ではありません. 拘束力のないことが原則になったところでは、まったく新しいコミュニケーション チャネルについて本当に考えなければなりません。