マイクロソフトオフィス

写真の投稿:MicrosoftOfficeのロゴ| ©Microsoft

すべてのMicrosoft製品全般、特にMicrosoft Officeについて不満を言うことが非常に一般的になっているので、このブログ投稿でMicrosoftのOfficeパッケージを支持したいと思います。

誰かがMicrosoftOfficeのキラーな議論を見つけなければならなかったとしても、それを見つけるのは非常に簡単です— Microsoft OfficeはSAPのものではありません!

私自身、Microsoft Officeの料金を支払うことに非常に満足しており、バージョンMicrosoft Office 3.0(1992年から)から支払いを続けています。2011年以降、Office 365サブスクリプションバージョン(現在はMicrosoft 365)を使用しています。 また、WindowsとMacの両方でOfficeパッケージを使用しています。

専門的な理由で、私はすでにWord for DOSに直面しており、国際的には、Word、Excel(後にAccessとして)、特にPowerPointなしではほとんどできないことを認識しなければなりませんでした。 その後、すべてがOutlookによって補完され、すべてのOffice製品が少なくとも軍の世界で標準になりました。 ですから、Office製品に関する私の唯一のトレーニングがフランスの陸軍士官学校で行われたことは驚くべきことではありません。 ドイツ連邦軍では、少なくとも私の時代には、ドイツ軍の将校は、操作マニュアルを自由に使える限り、何でもできると想定されていました。

そして今日まで、私が最初に行うことは、私が主に完全に異なるソフトウェアを使用していることを認めたとしても、すべてのコンピューターにOfficeパッケージをインストールすることです。 それでも、これらのMicrosoft製品なしではやりたくないので、開発者がほとんど意図していなかったとしても、これらの製品を何に使用できるかに常に驚いています。

簡単に言うと、私の仲間の市民がMicrosoft Officeについて何と言おうと、私はこれらの製品をすべての人に勧めることしかできません。エラーのない取り扱いは、今日の一般教育の一部であるだけでなく、 (ほぼ)すべての専門的な環境で絶対に必要です。

また、私たちの政権がこれらのMicrosoft製品を中途半端にしか処理できなかった場合、つまりSAP製品に苦しめられることを余儀なくされなかった場合、私たちの官僚機構は、今日私たち全員が経験しなければならない悲惨な状態にはならないだろうと確信しています。


"Microsoftの唯一の問題は、ボタンがないことです。 全く味がありません。 そして、私は、彼らが独創的なアイデアを考えず、製品に多くの文化をもたらさないという意味で、小さな意味で、大きな意味でそれを意味するのではありません。

PBSのドキュメンタリー「ナードのトライアンフ:偶然の帝国の台頭」(1996年)のインタビューでのスティーブ・ジョブズ

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 ErforderlicheフェルダーシンドMIT * マーク